×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ルコック(lecoq)歴史

ルコックは100年以上の歴史を誇る老舗のスポーツブランドですが、設立者は、エミュール・カミュゼという人物のようです。ブランドロゴシンボルにもなっている雄鶏についてですが、その国に合せた語源のようなものがちゃんと存在していてその上でこのロゴになったようですね。それは(フランスではニワトリは、汚れない尊いシンボル)という見方で皆が教えられてきたことから始まりスポーツ競技という正々堂々と戦うならわしがむかしからある真剣勝負のブランドということでフランスの国鳥の雄鶏(ニワトリ)からルコックのロゴが誕生したといわれています。ちなみにルコックの意味はフランズ語で雄鶏のことらしいです。そんあ伝統的な老舗のブランドでも今は一般人向けに上質なシューズなどを沢山生産していてわたし達の手の届くところにきていますし。サッカー、テニス、ゴルフなどの部活用などでのウェアージャージ、スエット、エナメルバッグなどもネット通販ショップでも購入できるような時代になりました。

ルコックとゴルフ、サッカー、テニス

ルコックはマンシングウェアーのようにゴルフのウェア、シューズ、バッグ等などを生産しているスポーツのブランドで、ロゴが三角のなかに雄鶏がデザインされたマークが印象的で日本のゴルフ選手の宮里藍、横峯さくら始め上原 彩子(うえはら あやこ)辻村明須香こと(あすみん)などもシューズやウエアーを着てるのをテレビ(TV)や雑誌などでもみかけるほどゴルフ業界でも人気があるスポーツブランドです。そのルコックのジャージやダウン、スニーカー、エナメルバッグスエットに一般のかたたちからも注目されていて六本木や表参道の店舗や通販ショップでもスニーカーやジャージは人気があるのが伺えます。メンズようレディース用とあるところもルコックについては嬉しいところでニットキャップや帽子からゴルフバッグまで、スポーティーではないお洒落なの製品がたくさんあります。なかには室内用のバレーのトーシューズのようなものまでありレトロな雰囲気をかもしだしています。

ルコックブランドの由来

正式名は(ルコック スポリティフ)lecoq sportifでゴルフ好きの男性や女性の他のスポーツファッションとして100年以上まえから愛用されつづけている。ルコックはフランスで最も古いスポーツのファッションブランドで、現在はサッカー、テニス、ゴルフシューズやウェアや普通のスニーカーやカジュアルウェア、アクセサリなども製造するようになっている。フランスのみならず全世界規模で展開している。まだ一般の人には知名度は薄いのかもしれませんが、つくりはやはり体を随分ハードに動かすスポーツ選手のウェアーやシューズ、アクセサリーを長い間開発製造してきた会社なので、なんといっても上部で長持ちする耐久性のすぐれたものが沢山あります。デザインも比較的おとなしめなカラーのものから派手な原色がふんだんにとりいれられたものと様々ありカラーやクオリティーも選り好みすることもできます今ではルコックには雄鶏のロゴが定番であたりまえと感じてる人は多いと思いますが実は、1948年までは現在のロゴにになっている雄鶏はルコック製品には入っていませんでした。その理由は当時はスポーツ競技に使用するウェアーにブランド名をつけるとういうならわしが存在しなかった為と言うことになります。老舗ならではの言葉ですね

Copyright © 2007-2012 ルコックはジャージやエナメルバッグが旬